東京都の通信制高校を選ぶ際に失敗しない比較ポイント

学費が安いから悪い、高いから良いというわけではありません

このようなことから私立を選択すると高くなることが分かります。
反対に公立を選べば全日制の高校よりも学費を安く済ませることも可能です。
しかし学費が安いから悪いというわけではなく、高いからといって必ずしも良いわけではありません。
自分がその学校に通い本当に卒業することができると思うのであれば、それは向いているということです。
実際に公立と私立でどれくらい費用が変わるのかというと、それぞれの項目から比較してみることが重要です。
など入学金や諸費用に関しては公立や私立ではそれほど変わりはありません。
法律は各都道府県で都道府県が運営し、私立は原則として学校法人が開設や運営をしています。
学費には大きく分けると入学金と諸費用、授業料の三つがあり、この中で入学金と諸費用はそれほど変わりません。
諸費用は教材費や施設管理費、スクーリング費などがかかり、ここで大きく変わってくると言えます。
次に授業料についてですが、一単位で計算する方法となります。
3年間在籍して74単位を取得することが、通信制高校を卒業することの条件にあたるため、一年目には25単位となっています。
その後2年目で25.3年目で24で卒業する運びとなります。
もしも公立で1年目に25単位を受講すると、1単位あたりの受講料は336円です。
授業料は25単位で8400円となるでしょう。

事前に比較ポイントについてしっかりと把握しておくことが重要学費が安いから悪い、高いから良いというわけではありません学校の中で人間関係を再構築できることは大きなメリットです